Q&A

 

お試しレッスン~ご入会について

1. お試しレッスンとはなんですか?

ご入会の前に一回2000円という形で、当教室のモットーや考え方などをお伝えさせていただきながら、レッスンを体験していただける1レッスン制の体験レッスンです
(基本的には一回ですが、大人になってから初めてピアノを触るなど、ピアノを始める事にご不安を感じる場合には複数回受けていただく事も可能ですので、そういった場合はご相談ください)

上に戻る▲

2. 入会金はいくらですか?

入会金は6,000円です

ただし

・アルページュピアノ教室の入会金なしのチラシをお持ちの方
・他の生徒さんのご紹介でいらっしゃる方
・お試しレッスンからの入会の場合
に限っては入会金はいただいておりません

上に戻る▲

 

 

レッスンについて

1. 親がレッスンを見学させてもらってもよいですか?

もちろんです。
レッスンに入っていただくことで、お子さんの進み具合レッスンの状況を知っていただくいい機会になります、ぜひ、お子様のレッスンをごらんになっていただけたらと思います。
レッスン中は安全のために、小さな弟さんや妹さんが一緒の場合は、目を離さないようお願いいたします。

上に戻る▲

2. 振替えレッスンはありますか?

一週間前までにご連絡いただければ、振替えレッスンをいたします。(※月2回レッスンの場合は2週間前)
毎回、同じ曜日、同じ時間を確保した状態で、一週間の予定を決定していきます。
そのため、お休みのご連絡が一週間前のレッスン時間を過ぎた場合は、振り替えなしのお休み扱いとさせてください。

また、同じ理由で、振替えレッスンのさらなる振替えは現在行っていません。

ただし、台風などの災害時と、学級閉鎖があった場合は前日や当日のご連絡でも振り替えいたします。

上に戻る▲

3. 初めてのレッスンのとき、もっていくものはありますか?

初めての日は、なにもお持ちにならなくて構いません。
筆記用具はあると便利ですがこちらでもご用意してあります。
以前にピアノを習っていらっしゃった方で、弾きたい曲がございましたら楽譜をもってきていただいても構いません。
(お試しレッスンの場合は2000円をお釣りの出ないようお持ちください)

上に戻る▲

 

ピアノを習うにあたって

1. 家にピアノがありません。

ピアノのレッスンは、レッスン後、家で復習の練習をし、次のレッスンでさらに新しい事を覚えていく。という繰り返しで山を登るように上達していきます。なので、ご入会いただくときには、ピアノのご用意を始めていただくようお願いいたします。
アコースティックピアノがあれば言うことなしですが、電子ピアノでも大丈夫です。(キーボードは、教室のピアノと鍵盤の重さが違いすぎるので、お子様の指に負担がかかりすぎることからも、基本的にナシとさせていただいています。)
電子ピアノをご用意いただく場合は、なるべくピアノと同じ88鍵のものをお求めください。

上に戻る▲

2. a(お子様)の練習はどうすればいいのですか?

レッスンで効率の良い練習の仕方まで、小さい生徒さんにも少しづつ、分かり易く伝えていきます。

時間は短くてもいいので、できれば毎日歯を磨くように、決めた時間にピアノを触る!という習慣をつけると、上達も早いですし、上達するとさらにピアノが楽しくなるという、素敵なスパイラルが出来上がります。

色々ほかの習い事もあると思いますので、実際には、練習できない日もあるかとは思いますが、基本的に毎日練習しよう!というスタンスで、練習のルールをお家で作ることが上達の一番の近道です。

練習の時間を「何時から何時」と決めるのも良いと思います。また、時間でなく、学校から帰ったら練習する。ごはんの前や後に練習する。など、練習を始める決まり事をつくるのもおすすめです。

お家で音やリズムを間違えて弾いていても、次のレッスンでしっかり直していくので大丈夫です。なので、お家の方には、間違いを指摘するよりも、どうかまずは、今日も練習頑張ったねと、そこを褒めてあげていただけたらと思っています。
やはり、お子様からしたら、教室の中で私に褒められるより、お父さんお母さんに沢山褒められる方が、ずっと嬉しく感じるし、やる気がモリモリでるのではないかと思います(*^-^*)

 

上に戻る▲

 

2. b(大人の方)の練習はどうすればいいのですか?

大人の方については、基本的には無理のない範囲で練習することをおすすめしています。

大人の方が、お仕事や、家事、育児でお忙しい所、時間を作ってピアノを弾きに通ってくださる事を とても嬉しく感じています。

教室に通ってくださる大人の方の話を伺っても、やる気はあっても、なかなか練習の時間がとれないという現状があるようですね。

家での練習時間が確保できるほうが上達が早いのは確かですが、練習量がこうこうよりも、一人一人自分のライフスタイルに合った方法で、途中で息切れしないよう、長いスパンでピアノを楽しんで欲しいと思っています。

ピアノが義務ではなく、人生を楽しむためのパートナーになるようお手伝いできたら嬉しいです。

また、レッスンの中で、効率のよい練習方法もお伝えしていきたいとも思っています。

 

上に戻る▲

3. ご自分(お母様お父様)が全くピアノを経験していない為、
子供と一緒に練習できるか不安です

当教室では、生徒さんが、自分の力でレッスンの復習ができ、自分の力で楽譜を読み、演奏ができるように丁寧に分かり易く進めていきます。家での練習の仕方もしっかりとレッスンしますので、小さいお子様でもご両親のピアノ経験の有無は全く問題ありません(^_^)

一つだけ、中学生以下のお子様の場合、お家での練習を無理なく習慣にするために、ご家族のお手伝いをお願いできたらと思っています。練習の時間をいつにするかについて、「ごはんの前に練習する」または、「学校から帰ったら練習する」「何時から何時は練習の時間にする」など、ピアノの練習時間に関する決まり事を 家族で相談していただけたらと思っています。

上に戻る▲

 

最後に…

ピアノを習うメリットとは?

「東大生は小さいころピアノを習っていた率が高い」といった話がよく脳の専門家などから聞かれるように
ちまたでピアノは脳にとても良いといわれていますが

実際に
ピアノを弾くときには無意識に、沢山の能力を同時に使っています。

目で楽譜を見て、それを脳から指につたえて、肩から腕と共に、十本の指を別々に動かして弾いていく。
弾いた瞬間、自分の出した音を 耳で聞き取り、合っているか脳で確認している。
確認しながらも、手は次の音を出している。

しかも、弾きながら目はいつも、弾いている場所よりも少し先の楽譜の音符を読みつづけている。
という動作を曲が終わるまで連続して行っていきます。
これが、脳をとても活性化させていくといった研究結果はでている様です。

また、実際弾いている所より、目は楽譜は先を読んでいるという動作には、記憶力を良くする効果もあるようです。

また、毎日決められた時間に練習することで時間管理の能力がつく、集中力がつく、自己表現でストレスを発散できる、曲を仕上げることで努力の大切さや達成感を知る、など音楽の能力以外のものも色々身につけられると思います。

といってもメリットなどをこえて

ピアノの暖かくて美しい響きがある生活

気が向いたときに好きな曲が奏でられる人生

それは何物にも代えがたい、あなたの宝物になると思います(*^-^*)

上に戻る▲